BEATS, RHYMES & LIFE

Hip Hopを中心に、色々な音楽情報(及び私が気になったこと)を載せていこうと思います。

Category: 音楽情報

Comment (0)  Trackback (0)

2014年のベストアルバム など

あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいいたします。
さて、2014年も数々の作品が世に出回っていましたね。ってことで、個人的に2014年を振り返り、ベストアルバムのランキングのようなものと、まあ後は自分が去年よく聴いてた曲などを紹介していこうと思います。

よし、じゃあまず、2014年のベストアルバムランキングTOP15から!


15. Apollo Brown & Ras Kass - Blasphemy
BlasphemyCover_1500x1500_eaa74ad7-5d24-44c4-a8ce-afdd9f45e0e9_1024x1024.jpg


Category: 和訳

Comment (2)  Trackback (0)

Childish Gambino - 3005 [和訳]

今回の和訳は、昨年末に出した壮大なコンセプトアルバム"Because The Internet"を発表し、話題になっているChildish Gambinoの曲を。同アルバムに収録されている、"3005"という曲です。

この曲は、歌詞を一見すると恋愛物の曲かと思うのですが、サビ部分での「相手」は、「金」なり「女」なり「神様」なり、リスナーが好きなように解釈していいということらしいです。実存主義的ですね。

では、どうぞ。


Category: 和訳

Comment (0)  Trackback (0)

Jhene Aiko - Stranger [和訳]

お久しぶりです。
今回の和訳は、今着々と人気を上げつつあるシンガー、Jhene Aiko(ジェネイ・アイコ)の曲を。
彼女の名前から察せるかと思いますが、彼女の母親は日本とスペインのミックスです。

今回の曲は、Stranger
彼女が2011年に発表した最初の作品 "Sailing Soul(s)" に収録されています。
こちらの作品は無料配信ですので、是非、聴いてみて下さい。

では、どうぞ。



Category: 和訳

Comment (1)  Trackback (0)

Childish Gambino - II. No Exit [和訳]

前回に引き続き、今回もChildish Gambinoの曲を和訳。
今回の曲は、彼が昨年末に出した壮大なコンセプトアルバム Because The Internet より、II. No Exit です。
bkoHd.jpg
彼、Gapのモデルになったこともあります。笑


このアルバムは、言うなれば、"ある映画の物語に沿って作られたサウンドトラック" ですね。
主人公は、裕福な家庭で育った少年。その主人公と周りの友人・知人らとの物語を描いた作品、それがこの "Because The Internet" という作品です。この作品、映画化はされてないですが、73ページにも渡る脚本があり、それら全て、このChildish Gambinoが書いたといいます。このアルバム、サウンドトラックというよりかは、もうこのアルバム自体が"映画"なのでしょう。

ざっくり説明をすると、この曲は、その主人公が退屈な毎日に嫌気をさし、家にいる友人全員に「出て行け!!」と怒鳴り散らしたあとの場面で流れる曲です。この主人公(CG自身もそうだと思いますが)、感情の入れ替わりが激しい人なんですよね。なので「出て行け!」とつい怒鳴ってしまっても、今から載せる曲のサビでは「行かないで」と言っていたり。自分の感情をはっきりさせられないのだと思います。

この曲(というか、このアルバム全体にも言えることですが)、かなり機械的な音が特徴的ですね。CGがラップしている途中でも、彼の声がどんどんとエイリアンのように高くなっていったり、ラップしている後ろで様々な声が聴こえたり。
(ちょっとネタバレをすると、この曲の後、物語では、主人公はある理由により気を失ってしまいます。この曲で彼の声がおかしくなっていったりしてるのは、それとなにかつながりがあるのかもしれませんね。)

では、どうぞ。


Category: 和訳

Comment (0)  Trackback (0)

Childish Gambino - L.E.S. [和訳]

今回の和訳は、Childish Gambino です!
以前にも紹介しましたので、説明は割愛。

今回の曲は、彼のデビューアルバム Camp より、L.E.S. を和訳しました。
L.E.S. → Lower East Side
ローワーイーストサイドとは元移民街で、多文化が激しく交差する場所ですね。ニューヨークのダウンタウン的な雰囲気を醸し出しており、クラブやバーが立ち並んでいて、若者が多くいる場所のひとつです。
この曲は、そんな場所にいる"ミーハー" "流行などに熱中しやすい人たち"についてです。
まあ、ヒップスター についてですね。笑

この曲の良さはなんといってもビート!!
いきなり流れてくる心地の良いバイオリン。それにテンポよく打たれるドラム。そしてガンビーノの歌声と巧みな言葉遣いによるラップ。
最高ですこの曲。

彼のPV、一般的なPVとは違い、ガンビーノ本人が歌ったりせず、本当に"映像・映画のワンシーン"のようなPVが多いです。
ガンビーノ本人が出ないこともしばしば。今回のPVはガンビーノは出てないですね。ヒップスターの日常・L.E.S.の日常を撮影しています。

では、どうぞ。

あ、18禁です。笑


来場者数
プロフィール

73PL

Author:73PL

最新トラックバック
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017